あぷふぇる@新卒社員による0からの資産形成

2020年4月入社の新卒社員が0から資産形成を行っていくブログです。

㊗100記事目!インデックス積立投資とスポット購入についてシミュレーションをしてみた。

 

こんにちは、管理人のあぷふぇるです。

 

ブログをはじめて1年が経ち、ようやく100記事目となりました。

細々とですがこのまま数年にわたって続けていけるように頑張ります!

 

今回はインデックスファンドへの積立投資に関するシミュレーションをしました。

ちまたで話題になっているスポット購入や、積立金額の増減の効果がどう表れるかについてザックリ理解できると思います。

 

 

 

 

そもそもインデックス投資する意味

インデックス投資が人気なのは、

・低コスト

・自分で銘柄選定しない・タイミングを気にしなくて良い(つまり楽)

・市場平均に連動させることができる

 

という3つが人気である主な理由です。

 

おそらく最初は低コストだったり、楽さでインデックス投資を選ぶ人が多いと思いますが、途中からは「市場に勝つことは難しい」と考え、すべて市場平均に連動させて、株式市場、経済全体の成長を享受しようというもっともらしいことを理由に選び続ける人が多いと思います。

 

例えば以下のツイートのような人。

 

確かに、インデックス投資を行うことで、株式市場や経済全体の成長を享受することができます。

 

市場平均にトラックさせるのは至難の業

しかしながら、市場全体に正確にトラックさせるのは意外と難しいです。

 

なぜなら、大半の人が途中で入金力が増減したり、スポット購入してしまいがちだからです。

 

以前ツイートしたように、インデックス投資は早く始めたり、安く買ったりするゲームではなく、あくまで口数を増やすゲームなので別に問題はないのですが、「長期で市場平均の恩恵を受けるためにインデックス投資!」と高らかに語っている人が100万円単位のスポット購入をしているとちょっと...と思ってしまいます。

 

 

市場平均に正確にトラックさせるには

普通は難しいです。なぜなら、年齢とともに入金力が増減するためです。

 

これについて、感覚ベースではなく過去の数字で算出してみます。

 

実際のシミュレーション

・入金力を増やした時の効果

・ルールを設けた場合の効果

・スポット購入の効果

とこれらの組み合わせについて過去データから算出しました。

日次だとデータが多すぎるのと、条件付き積立の際に、積立額を増やすのが難しい(少なくとも投資信託では無理)なので、月次データでさかのぼれるだけ取りました。

 

f:id:ApfelInvestment:20210310222017p:plain

VOO(S&P500)の毎月積立シミュレーション(2010/09/30-2021/02/28)
毎月定額 年間+100ドル -3%で2倍 スポット10000ドル 年間+100ドル,-3%で2倍
1.930049 1.807877 1.93352 2.037418 1.75338

 

①毎月定額→毎月一定額(1000ドル)を積立

②年間+100ドル→毎月の積立額を1年に100ドル(初期元本比で+10%)ずつ増やす

③-3%で2倍→前月比-3%になった月は積立金額を2倍

④スポット10000ドル→①+最安値(2011/08/31)に10000ドルのスポット購入

⑤年間+100ドル,-3%で2倍→②+③

 

です。

 

今回特に疑問に思っていたスポット購入の効果ですが、仮にこの10年間の底値を拾えたとしても、約10%しか変わりません。(②のパフォーマンスが悪いのは、最近になるにつれ高値掴みしているから=上がり続けているから)

 

底値を取れなければパフォーマンスは悪化します。

なので、スポットで100万円とか購入しているのは、ただの話題作りであって、タイミングを計っているという点ではインデックス投資の考えには背いているといっても過言ではありません。

 

 

このことからも、インデックス投資は早く買うべきでもないことがいえるでしょう(よく、インフルエンサーたちが今すぐはじめろというがその根拠はないということ)
 

個人的な意見

インデックス投資は過去の実績から未来もそうなるだろうと信じて行う投資です。

 

その点でいえば、現在は株高なので、市場にトラックさせる必要性はあっても、追加的に購入するに値しない水準にあることは誰もがわかっていることでしょう。

 

ここ数日の下げ相場で買い増しした方へ

 

逆にショートした方へ

 

誰かに勧めようとしてる方へ

資格もないあなた方が安易に勧めるべきものではないと思います。(普段銀行・証券・保険の営業員のこと馬鹿にしてますよね?)

 

 

これから投資を始める方へ

 

先ほども書きましたが、口数を増やすゲームなので、いつ始めるか、どれだけ安く買えるかは大した問題ではありません。

 

まとめ

結局タイミングを計ろうともパフォーマンスにはあまり差がでません。

 

インデックスの積立投資は、タイミングを計るという作業をしないことがメリットのひとつなので、保有する資金に対して巨額のスポット購入はほぼ無意味です。

 

そもそも数日や数か月では2倍になったりしないので、ゆっくり買っても効果はあまり変わりません。

 

冒頭のツイート通り、見合ってないポジションで早期に損切や利確をしたくなってしまうと思うので、毎月や毎日の積立金額を増やすほうが有効です。

 

 

こういう人は親指投資家予備群です。

 

親指投資家は非常に恥ずかしい存在です。

 

投資は自己責任じゃなかったんですか!!!

 

apfelinvestment.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ブログとTwitterを運用していくので、フォローや拡散大歓迎です。

 

Twitter@ApfelInvestment

 

 

応援よろしくお願い致します!

 

 

2021/03/10 あぷふぇる