あぷふぇる@新卒社員による0からの資産形成

2020年4月入社の新卒社員が0から資産形成を行っていくブログです。

残業時間マイナスの超絶ホワイト企業で自宅警備!

 

こんにちは、管理人のあぷふぇるです。

 

私は残業時間マイナスの超絶ホワイト企業で働いています。

しかも、コロナの影響で長いこと自宅警備中です。(普通の有給ですが、今は5連休中です。)

 

 

 

ブラック企業で働き続けることの愚かさ

この前残業時間200時間という人の給与明細を見て、さすがにびっくりしました。

 

ツイートした通りですが、ブラックだブラックだって文句言ってる人って、何かと理由をつけてそもそも会社を辞めるつもりが無いんですよね。

 

例えば、

・ブラックすぎて転職活動ができない、だから会社を辞められない

・他の社員に迷惑がかかる

 

とかが代表的なものでしょうか?

 

前者に関しては、(時間的制約が)ブラックな企業ならお金も少しは溜まっていることでしょうし、人間は過労では死にますが、お金がないぐらいでは死にません。どうにかなります。

 

後者に関しては、辞めないことで既に迷惑がかかっています。

同じように考えて、なんとなく辞めづらい状況をみんなで作っているわけなので、さっさと辞めましょう。

 

残業時間マイナスのホワイト企業

冒頭でも書いた通り、私の残業時間はマイナスです。

 

まあ正確に言えば、法定労働時間の上限である、1日8時間と比較すると、実質マイナスということになります。

 

私の定時は拘束8時間、休憩1時間の実働7時間なので、所定労働時間では毎日残業時間が1時間ずつマイナスになります。

 

月の営業日を20日とすると、1か月の残業時間はマイナス20時間となります。

 

もちろん、定時を1秒でも過ぎれば残業代が出ます。

ただ、そもそもの残業がほぼないので、残業代で稼ぐのは厳しいです。

 

所定労働時間が短いだけでなく、そこを過ぎたら残業代が出るのは当たり前(だけどありがたい)と思っています。(中には所定労働時間が実働7時間でも、残業代は8時間過ぎてから出たり、みなし残業が給料に含まれている会社もあるので)

 

心の余裕ができると様々なメリットがある

ワークライフバランスが取れていると、心にも余裕ができます。

心の余裕は物事の好循環を生み、仕事への意欲も湧きます。

 

もちろん、趣味にも没頭できます。

 

 

資産形成でも大きなメリット

もちろん投資はしていますが、しなくても良いレベルの環境が整っているのでリスクも取りやすい状況です。これも結構なメリットです。

 

資産形成はいかに安く買うかではなく、いかに口数を積み上げるかがカギです。

なぜなら、投資をしている時点で、上がる(儲かる)と思っているからです。

 

つまり、相場のタイミングよりも、入金力が重要なわけです。

 

 

本業に力を入れたほうが、大抵の人(特に若い人)は、みんな大好き(実質)複利がはたらきます。

だからこそ、私は本業に力を入れています。

 

複利運用に関する記事はこちら

apfelinvestment.hatenablog.com

 

apfelinvestment.hatenablog.com

 

 

相場だけの複利ではなかなか増えないので、本業を頑張って入金力も複利で増やしていくことが、大きな資産を築くための確実な道だと思います。

 

 

最後に

私が最も恐れているのは、現在の仕組みが崩れることです。

 

以前の記事でも書きましたが、これまでいろいろなことがあって、それなりに努力をしてきました。

 

apfelinvestment.hatenablog.com

 

これまでの世界の仕組みのすべてがなくなるとは思いませんが、変化はいずれ発生します。

 

その変化によってこれまでの努力が無にならないことを祈るばかりです。

(例えば、今節約して貯金や投資しているのも、この努力と同じ部類に入ります。)

 

まあそういう意味のリスクヘッジではないですが、このような環境に置かれていることもあり、節約してまで投資しようとは思いません。(仕組みが壊れたら我慢が無駄になるから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログとTwitterを運用していくので、フォローや拡散大歓迎です。

 

Twitter@ApfelInvestment

 

 

応援よろしくお願い致します!

 

 

2021/02/11 あぷふぇる